子供達をとりまくおもちゃ環境

今年ももうすぐクリスマスの時期になりました。

毎年この時期になると、クリスマスのおもちゃの広告がポストに入ってきて、我が子は目を輝かせながらサンタさんにお願いするおもちゃを選んでいます。
ポストにおもちゃの広告が入っていても子供はサンタさんの存在を信じていて、私からはそんな最近の子供の感覚が不思議です。

我が家もそうですが、最近の子供はおもちゃを本当に沢山持っています。

私が子供の頃には、大体それぞれの年代の定番のおもちゃがありました。
そしてどの友達の家に遊びに行っても自分の家と同じようなおもちゃがあったように思います。

それに引き換え、最近の子供のおもちゃは多種多様にわたり、子供の友達の家に遊びに行くと我が家には無いおもちゃがあることが殆どです。

こんな風に我が家にないおもちゃがよその家に行けば必ずあるのは、昔に比べておもちゃがあちこちで売られていて、種類も圧倒的に多いからでしょう。

大人の私でも、「こんなおもちゃがあるんだ」と心躍り、欲しくなるおもちゃも少なくありません。
時々その誘惑に負け、特に何のイベントでも無いのにおもちゃを買ってしまうこともあります。

こういった事も、最近の子供がおもちゃを沢山持っている理由の一つかもしれません。
車買取相場