積算価格について

不動産の価格を求める手法には、原価法、取引事例比較法、収益還元法があります。掲題の積算価格とは原価法によって算出された価格の名称をいいます。取引事例比較法によって求められた価格は比準価格、収益還元法によって求められた価格は収益価格とそれぞれ言います。それでは、積算価格を求める手法である原価法とはどんな手法かというと、原価法とは再調達原価に減価修正を行って価格を求める手法です。再調達原価とは今現在、その不動産を取得するのに価格コストです。減価修正とはその不動産が建てられてから今までの価値の減価を再調達原価から減額することをいいます。この原価法は土地の価格を求める時の多くには適用が困難な手法だと言われています。なぜなら、土地を今現在取得すると考える再調達原価なんて把握が困難だからです。また土地は一般に減価しない不動産と考えられているため減価は0となります。一方、建物の再調達原価は、建築当時の見積もりや、一般的な再調達原価算定の指標を用いることによって把握できるため適用できます。

マンション 査定 大阪