手の震えを止める方法

緊張して手の震えが止まらないという状況になったことがある人も多いのではないでしょうか?手の震えを止める方法はあるのでしょうか?手が震えて文字がうまく書けないなどといった状況に陥った時には、まず深呼吸をしましょう。

これは、よく言われることですが自律神経を鎮める最良の方法は呼吸法にあるからなのです。ストレスを和らげ、自律神経の働きを正常に回復させる呼吸法は腹式呼吸法です。私たちは呼吸を肺の力で行っていると思いがちですが、安静にしている 時や睡眠時などは腹部の筋肉が働くことで呼吸をしているのです。

 

どのような呼吸法を行えば良いのでしょうか?腹式呼吸では息を吸う時よりも、吐く時に注意してゆっくりと吐くようにしてください。息を数時間を1としたら、吐く時間はその倍の2から3ぐらいの時間をかけてゆっくりと吐いてください。3~5回ほどこの腹式呼吸を繰り返すと、手の震えや緊張はかなり和らぐと思います。

緊張による手の震えのほとんどは生理的なもので、「本態性振戦」と呼ばれており、決して病気ではありません。特に手や指が震えるのは、手の骨格筋と脊髄の運動細胞を結ぶ神経の回路がひじょうにデリケートで、震えが起こりやすくなっていることによるものだそうです。

あがり症