メンズ脱毛

この言葉を初めて耳にしたとき、かなり違和感、いや嫌悪感を感じた。私は昭和のおんな。男は男らしい方がいいにきまってる。ヒゲや体の毛なんかはおんなの自分にはない部分で、それが異性を感じさせる一部だという認識できたから

それが、最近の男子ときたら…。キャシャな体つきで(身体的なことはこの場合関係ないか)、男気のない「メス化」した「草食系男子」の増殖。はぁ、どうなるんだこれからの日本は。

今から20年くらい前に、私は医療系の脱毛に通っていた。もちろん、待合に男子はいなかった(はず)。でも、今では男子も同じように待合で座ってるんだろうなぁって考えると、ちょっとイヤかな。

でも、メンズ脱毛の理由って、意外やヒゲや体毛を全くなくしたいんじゃなくて、薄く(あるいは適量)にするためだって知って、ちょっと安心した。毎朝のヒゲの処理にかかる時間短縮を希望していたり、人より濃い体毛がコンプレックスになってて、人並みの濃さにしたい、みたいなことで、男子は脱毛を希望するらしい。

よかった。ツルツルなお顔や手足を望んでいたわけじゃないのね。「メンズ脱毛」という言葉が誤解を招いているのかも。「メンズ減毛」みたいな別の表現も今後でてくるかもね。
http://www.xn--1ck9b3c9564ajkwa.biz