シャンプーについて

ちょっとシャンプーについて勉強して見ませんか?シャンプーとは頭皮、頭髪を洗うための洗剤\(◎o◎)/!なのです。いろいろな種類がありますが基本は液状です。水を主成分にラウレス硫酸ナトリウムなどの洗浄剤と、保湿剤、香料、防腐剤などが含まれています。シャンプーの容器には凸凹があり視覚障害者がリンスと区別するためについているそうです。
 実はシャンプーはインド近くの国々の言葉が語源で文化自体もインドからイギリスに伝わったそうです。ちょっと以外ですね。
日本では江戸時代までは髪を洗う習慣がなく、洋風が入ってきた明治時代になってからシャンプーという文化が入って来ました。それまではクシでよくといて垢を落としてから匂いのついたアブラでがっちり固めていたそうです。もし現代人が江戸時代より前に行ったら匂いに鼻がやられるかも知れません。今では多様なシャンプーが登場し、各自好きなものを選べる時代になってますね。身近にあるものの歴史を紐解くと面白いものが見つかります。