建築士の仕事内容

建物を設計したり、その工事を監理するには建築士の免許が必要です。建築士の資格には、設計する建物の種類や大きさなどに応じて一級建築士、二級建築士、及び木造建築士の3種類があり、仕事を受けられる範囲が決まっています。建築士は、建築工事に必要な設計図書の作成や設計図書の通りに工事が行われているかを確認する工事監理を行います。また、改正建築士法により一定の建築物については高度な専門能力を有する構造設計一級建築士や設備設計一級建築士が関わることが義務づけられています。建物の設計を依頼する時にはそれらの建築士が関わるべき建物かどうか、どのように関わるのかを確認する必要があります。
そして、建築士が開業することになる建築士事務所とは、建物の設計、工事監理、建築工事契約に関する事務などを行う、いわゆる建築設計事務所のことで都道府県知事に登録しているものをいいます。事務所に所属する一級建築士、二級建築士、木造建築士などの資格者が、企画・設計・見積、建築確認申請などの代理、施工者への技術指導、工事監理、その他相談・調査・諸手続きなどを行います。

リフォーム見積