最近のクラブは・・・

僕がゴルフを始めたばかりの頃、クラブ構成は下記のようなスタンダードなセットを組んでいました。

・ドライバー、3番、5番ウッド、アイアン8本(3-P)、ウェッジ2本 、パター

ですが、アイアンセットも5-Pの6本セットがスタンダードになってきて、ユーティリティ等の
クラブも充実してきた昨今ではユーティリティを3番アイアンの代わりに入れたり、
ウッドを入れたりという構成のほうが主流になってきていますね。

一般的にはウッドとかユーティリティのほうがアイアンよりも簡単だからでしょうけど、
僕はあまり納得いきません。最近のアイアンはロフトが立ってるから、難しいに決まってますよね。

なんか、僕の見解では今主流のクラブ構成はメーカーから仕掛けられたクラブの販売戦略に
乗せられている気がしてます。だって、アイアンは飛ばすクラブではないのだから
ロフトを立てる必要は無いと思うんですよ。でもきっとメーカー側は「人より飛ばしたい」という
素人のおかしな欲求をくすぶるために、飛ぶアイアンを開発して売り込んでいるとしか思えないんです。

だから僕は、ゴルフの基本を忘れないためにもアイアンは4番で23度、Pで47度のクラブを使ってます。
3番は入れてません。打てないし(w)でも4番まで打てれば十分だと思ってます。
アイアンに必要以上の飛距離は求めてませんし、同じ番手で人より飛ばしたいとも思ってません。
そもそも、アイアンで飛距離を求めてぶんぶん振り回してても絶対上手くなりませんしね。

だから僕は、昔ながらのクラブ構成にこだわり続けて、正しいクラブの使い方をして

正しい練習でこれから先も精進して行こうと思うのです。