梅雨時の病気

梅雨時に悪化しやすい病気として、①うつ病 ②喘息・気管支炎 ③神経痛・リウマチなどがあります。

うつ病はどちらかといいますと、女性の方が多く気圧低下などで気分がゆううつになります。また、女性ホルモンとも関係していて、ホルモンの乱れが自律神経に働くからです。

うつ病の改善方法としては、抗うつ剤などで一時的に自律神経を落ち着かせる方法がありますが、漢方など使用しながら精神状態を落ち着かせることができます。

 

そして、梅雨時は喘息や気管支炎なども症状が悪化したりすることがあります。湿度が高くアレルゲンのカビやダニが発生しやすい環境となることも原因です。小さなお子様がいる家庭でも湿気対策をするととが大切です。

 

 

神経痛やリウマチなどの持病がある人にとっては、クーラーや気圧変化ということでは痛みを悪化させる原因でもあります。それには、痛みの原因ともいえる血行不良を改善すると言う方法があります。

関節 痛などにはグルコサミンやコンドロイチンなど栄養成分を補給うすることも大切です。

最近車がいらなくなったので、廃車にしたいです。車 廃車 方法