病院内での会話とは異次元のものなのか

たとえ治療してもらう立場であったとしても、「あの看護師の言うことは聞けない」や
「あの看護師の言うことは聞いてしまう」というように、患者という役割の中においても、
病院という大きな人間関係の「和」が左右する心の距離感というものは
日常生活や普段の職場となんらかわらないものがあると、日々の検診を受けるたび
感じてしまうものがある。

私だけの問題ではないと思うが、やはり医療という未知の分野のことを
医師や看護師といった専門家から説明されるときには、
若干平常時の自分の状態とは違った生き物になっているような錯覚を覚える。

「○○さん、この薬はこれこれこういう症状に効くから、必ず食後に飲んでください。
といわれたとする。

当然病院内ではあたりまえの会話であり、一般的な患者と医師や患者とナース
といった治療における看護関係でのひと時ではあるが、どうもその当事者になって
この会話の中に身をおいていると、なにか異次元の話やどこか違う時代に
もぐりこんでしまったような気になるから、不思議なものである。

香川 ハローワーク 看護師求人