体の悩みのほとんどは栄養不足が原因

現代では、病気や体の悩みを抱える人が増加していますが、
そのほとんどは、栄養不足と関連していると言われています。
生活習慣病はもとより、肥満や肌荒れ、薄毛、
うつ病などの心の病気に至るまで。
さらに、多汗症やワキガなども関わっていると考えられています。

栄養というのは、生命体が生命維持活動を営む際に、
必要な物質を体内で分解し、消費し、吸収し、合成する働きのことを指します。
食べ物に含まれる栄養素は複雑な化学反応を経て
体内に存在する何兆個もの細胞に消化、吸収され、
さらに体に必須のものを合成していきます。

現代の日本人は食べ物に関しては恵まれている反面、
栄養不足の状態に陥っている人は増えています。
特に多いのは、食材自体の栄養価が少ない、
糖分や油脂の多い食生活、
加工食品中心の食生活、
正しく行われていないダイエットなどがあります。
これは、食事から取るカロリー量は十分でも、
体に必須の栄養素が不足していることが多いということになります。

その他、ストレスや環境の汚染など、
栄養不足に陥ってしまう原因は数多くあるので、
普段の食生活で不足している栄養素をチェックしてみることが大切です。

ワキ汗対策・改善マニュアル 自宅で簡単にできる1日30分の治療法