患者への同情と甘やかしの見極め方

カウンセラーという仕事柄、若い新人ナースの悩みを聞く機会が多いのですが、
やはりその大半は患者さんとの折り合いがつかなかったり、
どのように接してよいかわからなくなってきたという問題が目立ったところです。

看護師それぞれの性格によるところが大きいのは確かにありますが、
病院のスタッフという立場を置いておいたとしても、そこには
患者という一人の人間と看護師という一人の人間同士の心のやり取りが
医療という言葉を介在させないまで、至近距離で迫ってくるものがあるようです。

頻繁に起こる問題として「同情」と「甘やかし」という2つの定義が
病院における治療の現場でよく顔を出しますが、
これも当事者とそれを判断する管理者の受け取り方は若干
違ってくるものがあるため、一概にそれが同情だ甘やかしだと
くくることが難しいも問題となってきているようです。

患者が自分の病気を卑下し、気を落としているときは
往々にして看護師に同情してもらいたがっていることが多いのです。

しかし、対応する看護師もその患者の弱音を聞き流すわけにはいかず
ついつい言うことを聞いてしまった結果、家に返してしまったり
薬を飲むことをさせなかったりということが、後々大きな支障になることが
ありますので、こういった状況は判断が難しい問題なのです。

山梨 ハローワーク 看護師求人