井草畳にクマモン

井草の畳に横になってるクマモンが実に気持ちよさそうだ。どこの会社のポスターかわからないが畳を宣伝するキャラクターにクマモンが登場してるのを見て、畳の井草の臭いが懐かしくなってしまった。一昔前の住宅の一戸建てでは和室が半数以上を占めていた。でも最近の建て売り住宅はあってもせいぜい一つ。注文住宅ではあえて、和室を取り入れない人も増えている。そもそも、洋風建築が主流となった物件に和室が合わなくなってしまったというのも原因かもしれない。昔ながらの純和風な家を探すほうが難しいかもしれない。モダン風だったり、フィンランド風だったり、円形のアーチ付きだったりかなり個性豊かなものが増えている。中には全く違う国の文化を家中まで取り入れた、多国籍な家まで見たことがある。色んな家を見て歩くのは本当に楽しい。そこに住んだ時の自分を嵌め込んだりして想像を膨らませるともっと楽しい。だから、家には夢があると思う。そこに住むことで、生活も変わるし、ご近所さんも変わるし。高額で、そうなかなか簡単には買えないが、夢がある楽しい買い物だと思う。出来るなら、人生で何度かは挑戦したい。でもその時に自分なら井草の臭いのする畳の部屋は忘れたくない。クマモンみたいにゴロっと横になって、日本人の心って何?みたいな事、ぼーっと考えてみるのもいいんじゃないかな。

ディズニー絵画