医師のフォローに立つ仕事として

私たちは医師のフォローという職務内容と同時に、患者さんに対するフォローという側面が非常に強い職業であるということは間違いない。私の務める開業医は開業医とは言っても施設的には大きく、病院に近い規模だ。

職員も十数人という規模だから、朝一番の連絡事項に関しては非常に気を遣う。ひとつでも連絡が伝わっていなければ患者さんの生命に関わってくる。早出、日勤、遅番、夜勤と4交代の職場であるから肉体的にも精神的にも非常に気を遣う

私たちの仕事で一番大切なのは患者さんの生命はもとより、毎日安心して暮らして頂くことなのだ。具体的に言えば血圧を測るときの声かけ、話しかける時の顔の表情でさえ患者さんに与える影響は多い。

数ヶ月に入所してきた新人はまだまだ基本ができていない、学校を卒業してきてからに初めての勤務だからしょうがないといえばしょうがない。

私たちクラスでも注射の仕方が全然なってない職員が多いのだから何とも言えない。でも医療の世界に入ってきた訳なんだからプロ根性を持って仕事を全うして欲しいと切に願う次第である。