胸毛と薄毛

一般的に、胸毛などの体毛は男性ホルモンが、髪の毛には女性ホルモンが影響しているといわれています。女性は髪が長く、男性は体毛が濃い、というイメージは、ホルモンの影響によるもの。しかし男性でも体毛が薄い方や、女性でも薄毛の方はいます。これはやはり、ホルモンの量や酵素などに、個人差があるから(前項「薄毛は遺伝するのか」を参照)。そう考えると、「胸毛が濃い人はハゲる」と一概に言うことはできません。

ですが、男性ホルモンに薄毛を促進する効果があることは事実です。そして逆に、女性ホルモンには、薄毛を予防する効果があります。つまり、体毛の濃い方は、男性ホルモンの分泌が過剰であるか、女性ホルモンよりも男性ホルモンに敏感な酵素を多く持っている、ということ。

とすると、100%ではなくとも、胸毛やひげなど体毛の濃い方は、比較的ハゲやすい体質である、というのが科学的見地からの結論ではないでしょうか。

逆の視点から考えてみましょう。薄毛の人は、胸毛が濃いでしょうか。薄毛の人は、女性ホルモンより男性ホルモンの分泌量が多いか、男性ホルモンに反応する酵素を多くもっているということになります。上記の性質を考えると、当然胸毛が濃くなるはずです。統計を取ってみなければ分からないことではありますが、某ハリウッド俳優やサッカー選手など、薄毛で思い浮かぶ方は確かに、胸毛が濃いように感じます。

男性ホルモンと女性ホルモンはバランスを取り合って共存しています。ハゲやすい体質の方は、男性ホルモンの分泌量を下げることが出来れば、ハゲる可能性を下げることができるそう。過剰なストレス、高負荷の筋肉トレーニング等を避け、交感神経をあまり刺激しない生活を送ることが、予防の第一歩となります。

チャップアップ 育毛剤