SNSの危険性

インターネットコンテンツであるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。これはネット上にサークルなどの仲間を募る意味で大変に人気のあるコンテンツですが、迂闊にこのSNSを使ってしまったがゆえにストーカー犯罪に巻き込まれるというケースが後を絶ちません。これは、まるでインターネット上のSNSを実際のサークルのように気軽で安心なものと誤った判断をしてしまい、その危険性について考えなかったゆえに起こってしまったケースといえるでしょう。実際、顔も素性もわからない人がドンドン加入してくるというコンテンツの特性上、利用する場合は細心の注意を払い利用しなければ、ストーカーやそれに伴う犯罪に巻き込まれる可能性が高くなってしまいます。さらに言ってしまえば、未成年者などのリスク管理能力が乏しい利用者も多いため、運営の目につかない部分で犯罪が起こってしまうというケースも増えている様子です。もし犯罪に巻き込まれてしまった場合は、すぐに利用をやめて警察に相談するようにしてください。
ストーカー・防犯対策