司法書士に向けて

司法書士になるためには司法書士試験という試験に合格しなければなることができません。 この試験は一年に一回しかないため不合格になってしまうと来年まで受けることができなくなってしまうためしっかりと勉強をして臨む必要があります。 試験は二つに分かれており、筆記試験と口述試験があります。 筆記試験は7月に行われる試験で司法書士になるためのスキルがしっかりと備わっているかどうかを確認するためのもので午前に2時間、午後に3時間の試験があります。 択一問題と記述問題が出題されるので難易度が高くなっています。 また口述試験は筆記試験に受かった人が10月に受ける試験で司法書士としてふさわしい態度や服装をすることができるかどうかを確認する試験で、ちょっとした面接も行います。 これらの試験はとても難しいですが、司法書士はそれだけ需要があり、人の役に立つことができる仕事だと思っているので司法書士を目指している人はしっかりと勉強して合格してほしいと思いました。

看護師求人 盛岡