マスクは感染する確率を減らせない?

冬になるとあちこちでマスクをしている姿を目にします。
風邪やインフルエンザの予防や、そうした病気にかかった人が感染を広げないために着用するのはご存知かと思います。

ところが海外の映像を見ると、マスク姿の人はあまり見ません。
日本ほどはマスクをする習慣がないのかもしれません。

ちょっと前の話ですが、マスクをしてもインフルエンザに感染する確率は変わらないというデータが公表されたことがあります。
手洗いやうがいをすると感染する確率は減ったそうですが、マスクだけでは大差なかったそうです。

新型インフルエンザが海外で流行した時、日本では空港で厳重に警戒したり体温をサーモグラフィで計ったりして、マスクを配ってみんなでマスクをしている映像が印象的でしたが、なぜか海外ではマスク姿のニュースはあまり見ず、インフルエンザを心配していないのかなと思いました。

調べてみると日本はマスク大国らしく、日本ほどマスクが普及している国は珍しいのだそうです。
なぜそんなに日本でマスクが普及したのかは分かりませんが、それだけ日本人は清潔好きだということなのでしょう。

しかしマスクをしてもしなくても感染する確率がそれほど変わらないのであれば、マスクをする必要性を感じなくなってしまいますが、おそらく今後もマスク神話は続いていくのでしょう。保健師求人 大阪