豆腐の水切り

豆腐の水切り方法にも色々あります。この水切り、料理の仕上がりの良し悪しを決めます。そう、料理に即した水切りが必要なんですね。加減が難しいですが、そこは繰り返しやって覚えるしかないですね。まずは、自然に水切りをする方法です。盆ざるなどの平らなザルにペーパータオルを敷き、豆腐をのせて自然に出る水気を除く程度にきります。次は、ゆでて水切りをする方法です。豆腐はゆでるだけでも水分が出るんですね。料理によっては豆腐は丸のまま、またはくずしてゆでます。ゆでた後はザルに上げてゆで汁をきるとともに冷まします。レンジでも水切りできます。ゆでる代わりに電子レンジで加熱しても水が出ます。料理によって1丁につき3分くらい加熱し、ザルにのせて水をきるとともに冷まします。ふきんで絞って水切りもできます。かたく絞ったふきんで豆腐を包み、ギュッとねじって水気を絞ります。重しをして水切りするやり方もあります。まな板などの平らな上にペーパータオルに包んだ豆腐をのせ、上からもまな板などをのせ、水を張ったボウルなどを重しにして水切りします。豆腐は美味しい水からできていますから、水とはきっても切れませんね。ラピロス