女性の社会進出の高まりを受け、保育所のニーズが高まっています

今後も保育施設のニーズの高まりはますます大きなものとなっていくでしょう。

少子高齢化が進行し、確かに子供の数は減ってきています。

しかし、女性の社会進出が進み、働きにでる女性が増えてきたため、

働いている昼間の時間の子供をどうするかについては、社会的にも大きな悩みとなっています。

だからこそ、保育所のよりいっそうの充実が求められてきています。
保育士は子供の相手をするということで、確かにある種のエネルギーを多く使うものでしょう。

しかし、それは福祉に関わる職種の全般に言えることです。

例えば介護も社会的により充実させていくべきだとの声があります。
高齢化社会が進むなかですから当然のことです。
ですが、介護に携わる方のなかで、職業的に腰を痛めてしまう方が多いなど、
成人を対象とする業務は、からだの負担を招きやすいようです。

その点、子供でしたら体重も軽い分、業務を進めるのに深刻なダメージを負うことは少ないのではないでしょうか。

福祉など社会を支える仕事の拡大が求められているなかで、
保育士の仕事は代えることのできない大切な業務である以上、
今後も保育士のニーズの高まりはいっそう大きなものとなっていくことでしょう。

保育士