海外バイナリーオプションの取扱い銘柄

【海外バイナリーオプションの取引銘柄】

様々な規制もあって、国内業者は低調ななか、
海外業者は、バイナリーオプションの魅力を活かして
どんどんシェアを広げています。

そして、海外業者の魅力の一つが、取扱い銘柄の豊富さ
があげられます。
正直、日本の証券会社は全く比較になりません。
簡単に【トレンドオプション】の取扱い銘柄をご紹介すると。。。

【為替】
12種類の通貨ペアが取扱銘柄です。
USD/JPY 米ドル/円
GBP/USD イギリスポンド/米ドル
EUR/USD ユーロ/米ドル
NZD/USD ニュージーランドドル/米ドル
USD/CHF 米ドル/スイスフラン
・・・・

なんだ、FXより少ないじゃないか。。。
と思った方もいらしゃるでしょうが、簡単に言うと
バイナリーオプションは通貨ペアなんて、あんまり
関係ないんですね。

上がるか、下がるかを予想するだけなので、通貨自体を売買
するわけではないので。。。特に気になりません。

主要通貨でないと取引量が少なくなって、値動きが激しくなる??
のかな??と思うくらいで実際なにで取引しても同じです。

【株式】
国内だとトヨタ、日産など
海外は各国の主要銘柄、GOOGLE、リオ・ティント、タタ・モータース、
COCA COLA、APPLE、AMAZON、NIKEなどなど
有名ドコロ、30銘柄以上を取り扱っています。
これも、上がるか下がるかの予想なので、銘柄の詳細情報など
知らなくても関係ないです。

【商品】
金、銀、プラチナ、原油、コムギ、コーヒー、砂糖 です。
金や、原油などはドルやDOWとの相関関係が強いですから
そのへんを参考に取引ができそうですね。
砂糖、コムギは。。。。正直、よくわかんないですね^^;

【株価指数】
22銘柄の株価指数を取り扱っています。
イスタンブール証券取引所(ISE)
ポピュラーなのは、
TOPIX、NIKKEI225、DOW、NASDAQあたりでしょうか。

基本、これだけあってもやることは上か下かの予想だけです!
といいながら、実は、他にも取引形態が3つあります。
それは次回に。