女性のため審美治療

仕事や、家事、育児などに追われる忙しい毎日で、歯医者さんから足が遠ざかっていませんか?「毎日、歯を磨いているから大丈夫」、「何か症状が出るまで行 かない」と考えていると、30~40歳代で歯を失いだすかもしれませんよ。
■嗜好品が好きなかた
赤ワイン、コーヒー、紅茶、タバコなどで、天然歯(自分の歯)についた着色には、PMTC(クリーニング)や、専用の器械を使った歯面清掃をお勧めします。歯本来の輝きを取り戻すことができ、また歯の汚れも除去できるので、虫歯や歯周病を防ぐことができます。
過去に保険治療した歯のインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)についた着色は、自由(自費)診療のセラミックを 含む材料を使うことで軽減することができます。保険診療で使う素材は、水分を吸収する特性があり、着色しやすく、また汚れが残りやすくなります。一方、自由診療で選べる素材は、着色しにくく、また変色しにくい特性をもっています。歯のくすみが消えるだけで、顔の印象は華やかに変わります。
■口臭が気になるかた
口臭が気になるかたは、虫歯や、歯周病、歯のヒビ割れ、過去に治療したインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)が合っていないことなどが原因と考えられます。デンタルドッグで、お口全体の状態をしっかりと確認してみてはいかがでしょうか。

■前歯が気になるかた
前歯の印象を改善してみたいと思っているかたは、審美歯科でご相談されてはいかがでしょうか。歯並びによっては、歯の表面を薄く削り、その部分に人工歯を貼り付けるラミネートベニアという治療や、歯を削って歯の中の神経を抜き、形を整えて被せ物を装着するセラミック治療で改善することができます。

■天然歯(自分の歯)の色が気になるかた
薬剤を使って歯を漂白するホワイトニングをお勧めします。白く輝く歯は、清潔で明るい印象を与えることができます。
ただし、テトラサイクリン系の抗生物質により着色した天然歯の場合は、着色の程度や、歯のしま模様の状態によっては、ホワイトニングでは効果が得られないと判断されることもあります。
そのような場合は、「前歯が気になるかた」と同じ治療のラミネートベニアやセラミック治療を検討される方がよいでしょう。どちらの治療方法が適しているかについては、担当の歯科医師とよくご相談くださ
精密審美歯科センターは、【ミクロレベル】で歯の治療をします!!