かにの種類・特徴と、その味

「たらばかに」は、日本海、オホーツク海、北太平洋、北極海の冷水に生息しております。
足はハサミを含めて8本で、ハサミの大きさが左右で極端に異なります。大型のものでは甲羅25cm、足を広げると1mを越えるほどに成長します。鱈と同じような漁場に棲んでいることからこの名がつきました。別名キングクラブとも いいます。味はあっさりとしており、身が厚くボリューム感があります。
「毛かに」は、北海道沿岸、日本海、ベーリング海、アラスカ沿岸など寒い海の砂底に生息しております。体が顆粒と短い羽状毛で密に覆われているためこの名があります。甲羅は比較的柔らかく卵型で甲長10cmくらいです。毛かにのかにみそは格別です。是非一度、姿茹でを味わってみて下さい。
「ズワイかに」は、地方によって呼び名が異なり、山陰地方では松葉かに、丹後半島では間人(たいざ)かに、北陸地方では越前かに、北海道ではズワイかにと呼ばれています。また、雌のかには小さく、雄の1/10~1/15程の大きさしかないため、背子かに、こっぺかに、コーバクかになど別の名前で呼ばれることもあります。
正式名称はズワイガニです。甲羅はそれほど大きくありませんが脚が長く、雄では広げると70cmほどになります。かに身にはとろけるような甘味があります。
かにの王様といえばタラバかにですが、これと非常によく似ているかにがおります。それが、「アブラかに」、または「アブラタラバ」、「ブルークラブ」などと呼ばれているかにで、本タラバかにと比べるとかなり安価なのですが、味や身の締まりという点では劣ります。タラバかにと称してこの アブラかにを取り扱っているお店も多いようです。
浜海道の【カニ&海産物】は、北海道産の選び抜かれた本物の食材だけを通販♪