日本海のカニの味覚を求めるなら

本当にカニ好きの人なら、輸入ものでも冷凍物でもない、水揚げされたばかりのおいしいかにを食べたいと思うことでしょう。
そのためには、カニの産地を訪れたり、産地から直送で取り寄せたりして新鮮なかにを食べるという方法があります。
そんなかに好きの人は、ぜひとも冬の日本海を目指していただきたいと思います。
日本海の主要港では、たくさんのかにが水揚げされ、その水あげされる土地によって、松葉がに、津居山がに、越前がに、間人ガニなどブランド名が付けられております。しかし、日本海には、カニり禁漁期間があり、一年中カニが水揚げされているわけではありません。
この禁漁期間中に産地を訪れても、カニは水揚げされていませんので、この期間中は、地元の宿のお料理や販売されている海産物の種類もかわってきます。
また、産地直送の通販などでも、禁漁期間中は冷凍物の販売になったり、販売を休止しているところがほとんどになるのです。
おいしいカニを目指して、産地の味を求めるならば、禁漁期間があけてカニの漁期中。に訪れると良いでしょう。。
日本海でカニ漁が解禁されるのは、11月6日の午前0時です。カニ漁は6日の深夜に海に出て、6日の朝には初競りにかけられます。カニの種類にもよりますが、1月から4月ごろまでが日本海のかにの漁期となりますので、その間は、産地でおいしい産地のカニが存分に楽しめるというわけです。
また、この期間は、通販でもおいしい産地直送の味が味わえますので、産地まで行くのは難しいという方でも、取り寄せて楽しむことができます。 
幻の毛ガニ【長万部産 黄金毛ガニ】通販「美食市」。