Archived entries for

全豪オープンでの錦織選手を応援、テニスラケットの進化も見どころです。

テニス01テニス愛好家ではなくても、錦織圭選手の活躍には、興味があることかと思います。
先回の全米オープンで準優勝、というのもすごいですが、ATPランキングで世界第5位というから驚きです。

彼は、「Air K(エアーケイ)」などと呼ばれ、比較的浅くて高いチャンスボールに対し飛び上がって空中でハードヒットする、という事で人気となりました。
昔のテニスの基本で言えば、飛び上がって足が地面にしっかりついていない状態でボールを打っても、うまく当たらないだけでなく、しっかりとボールを打ち抜けないのでやるべきではない、と言われていました。
ところが、昨今ではラケットの性能が飛躍的にアップし、さほど腕力がなかったり、うまくスイートスポットに当たらなくても強いボールを打ち返せるようになっています。
そのおかげで、錦織選手のように飛び上がることで、その分素早くラケットを振りぬくことでさほど体格的には恵まれていない錦織選手でも、強いボールを相手コートに突き刺すことができているのです。

以前はなるべくまっすぐラケットにボールを当てて、体ごと上へ引っ張り上げることで、ボールにトップスピンをかけていましたが、今はラケットの進化で、ラケットスピードを上げて、強い回転をかけることができるようになりました。
錦織選手の好敵手、ナダル選手は、サウスポーから繰り出す強烈なトップスピンで、ネットのはるか上をとてつもないスピードで通過しながら急激にドロップしてコートで高く跳ね上がるようなボールが打てているのです。
そのような「テニスの常識いま・むかし」に思いを巡らせながら、錦織選手ら現代のトププレーヤーのプレーを見ることは、とても面白いことですね。

今年の最初のグランドスラム、全豪オープンは、いよいよ1月19日から始まります。
このようなことを考えながら、錦織君を応援しましょう。⇒全豪オープンテニス 生中継で応援しよう!

仙台のずんだもち

仙台出身の先輩のお土産は、きまって「ずんだもち」。今でこそ普通に認識していますが、多分知らない人はとても多いのではないかと思います。

「ずんだもち」は早い話、枝まめで作ったあんこのあんころもち。何も仙台に限ったことではないのですけど、宮城県界隈に古くから伝わる郷土料理でありお土産の代表格。 Continue reading…



Copyright © 2004–2009. All rights reserved.

RSS Feed. This blog is proudly powered by Wordpress and uses Modern Clix, a theme by Rodrigo Galindez.