抜け毛と毛母細胞

 

毛の成長サイクルは、脱毛をするうえで必ず知っておく必要があることです。

これを考慮に入れないと、必要な時を逃したり、必要のない時期に施術をすることになったりと非効率的だからです。

毛母細胞が分裂を始めると、皮膚の下の方で新しい毛が伸び始め、

毛細血管から栄養を採りながら伸びて行き、表皮の上に出て伸び続け

それが止まると退行期に入り、毛乳頭と毛の結合が緩みやがて完全にはなれて毛が抜け落ちるわけですが

毛が抜けた後でも毛母細胞が生きている限り、また新しい毛が0から生えてくるので

強制的に毛を抜いたとしても、必ずしも生えてこないとは言えない。

むしろまた生えてくる可能性の方が高いのです。

なので、永久脱毛をするとなるとこの毛母細胞を破壊しない限り達成できないことになります。

現在では、美容外科に用いる、電極で直接毛母細胞を破壊する「ニードル脱毛」、メラニン色素に作用する医療用レーザーの特徴を生かした「レーザー脱毛」。

ミュゼプラチナムなどに代表される、原理は同じだが出力を少し弱めた「フラッシュ脱毛」

などがあり

いずれも一長一短でどれが一番いいとは言いずらいものがあります。

 

ミュゼ 上手