Archived entries for 自己啓発

たまには愚痴を言うのも良い

さまざまな成功哲学では、愚痴は無益どころか有害なものだといわれています。
たしかに愚痴の言いすぎというのは、自分の精神衛生上もマイナスの効果になりますし、
周囲の人も遠ざけてしまうので、あんまり良いことだとはいえませんね。
でも、愚痴をいうことで、楽になる部分もあるのです。

たとえば凄く辛いことや、大きな苛立ちを抱えてしまったとき。
実はその日のうちに勢いよく愚痴や怒りを吐き出しておいたほうが、
立ち直るのが早いんだそうです。
Continue reading…

自宅でできる英会話のコツ

英会話を学ぶためには英会話教室に行かなければいけない、
なんて思い込んでいませんか?
英会話は自宅でも気軽に始める事ができます。

英会話の基本は、耳で聞いた英語を声に出すことで、
生きた表現を身につけることができるようになります。

声に出して発声するための教材として
英会話のラジオ講座などを利用したり、
大好きな映画やドラマのフレーズを書いておいて、
チャンスがある時に使ってみるのも良いでしょう。

声に出して英語を発生する事によって
脳にはそのフレーズが英語のままインプットされます。

ひとり暮らしで話し相手がいなくても、
鏡の向こうにいる自分に向かってトライしてみてくださいね。

英会話にある程度慣れてきたら、
自分の発音をチェックしてみるのもおススメです。

自分が話している声を録音して実際に聞いてみてください。

日本語訛りがアクセントなど、
気になる箇所を見つけたら何度でも録音しなおして
自分なりに改善していくのも、
英会話を上達させるためのコツかもしれませんね。

hanaso 無料体験

右脳と左脳

右脳に障害をおってしまった人は、形状が把握できないだけで、左脳は働きますので、抽象的な概念などを言葉に変換して意味を与え、理解する、という機能は失っていませんから、全く言葉が出てこなくなる、という失語症にはなりません。 Continue reading…

決断力がたりない人

決断力の足りていない人というのはどうなんでしょうか?どんな時にそう感じるのでしょうか?自分の事をあなたは優柔不断だとか、決断力が足りないなーなんて感じますか?決断力の足りない人に共通する事があるんだそうです。その特徴とは、意識的な刷り込みなんだそうです。それは、「自分には無理だから。。。」とか「失敗したらどうしょう。。。」といった思い込みや言い訳をすぐに思い浮かべてしまう人。でも、それは自分で作った誤解なんだそうです。過去の数々の決断と習慣の結果が、優柔不断でそれを変えたいと感じるのならば、今日がスタートの日と思ってみてはどうでしょうか?今と未来を買えられるのは、自分の決断と行動でしかないんです。決断するという事には特別な才能も技術もなにも必要としないんです。ですが、未来を変えられるのは決断なんです。新しい毎日を作り出す為にも思い込みから自分を解放してあげてください。そこからすべてが始まるはずです。M字ハゲ 育毛剤

お見合いの風習

ってなくなってきてますけどこのままなくしてしまって本当にいいんでしょうか?
現代は結婚できない男女が圧倒的に増えてきていると思うんです。
昔はこうした人たちを自然に結ばせるためにお見合いというものがあったと思うんです。
Continue reading…

可愛いのにモテない女子の特徴

見た目はキュートで可愛いのに、なぜか男性からのウケがイマイチでモテない女性の特徴とは何か。
働いている女性に「かわいいのにモテない女子の特徴」についてのアンケート結果がありました。
Continue reading…

その気になれば方針くらいは立つはず

何か上手くいかないことがあって、先に進むためにどうしたらいいのかわからなくなるタイミングがあります。
これはしょうがないことだと思っていましたが、努力すればいつだって抜けられるような気がしてきました。
Continue reading…

言葉がうまく出てこない理由を考える

緊張感から話せない人は人前に立つとさらに緊張がたかまることが多いようです。

知り合いにまさにそのことで悩んでいる人がいます。

過去に失敗してしまったことから一度あがってしまうと、話す前から不安で頭がいっぱいになってしまうようです。
リラックスしていると普通に話せるのに人前だと言葉がうまく出てこないそうです。 Continue reading…

頭脳集団その③

Cerebral function ability has structural, dynamical, and program­matic phases. If a certain interpretation of the Allis paradox – that its subjects are acting irrationally – is valid, then most human beings have rationality-reclusive cerebral parameters and/or irrational neural programming. We will see, largely on the basis of an advanced perspective on economics, that this interpre­tation is improperly derived. The data on which it centers are consistent with another interpretation: that the subjects are in fact acting rationally (relative to the distributional tendencies roughly described in issue no. 40), and that the contrary analytic perspective is itself incomplete and so irrational.
The distinction between rationality and irrationality implies a distinction between those who cannot reason correctly in the Allais content, and those capable of either resolving the paradox or following and internalising the reasoning of one who can. This suits the thesis that not all human brains are equal in potential. It does not. however, confirm the inherent irrationality of neural networks or of the analog reasoning by which they function. Neural computation, in theoretic equivalence to its digital counterpart, is not inimical to the arbitrary implementation, interpretation, or recursive extension of logical grammars. 英語上達へのプラチナチケット

情報過多

取りすぎは良くないというのは知っていた。
するべきことよりも、しないことの方が大事だというのも知ってはいた。しかし悲しいかな、こういうものは知っているだけじゃ意味がないんですね。実践して、または使えて初めて意味のあるもの。
特に自分がいま思っているのは、取りすぎの部分。
情報をとりいれすぎてかつ、余計なことばかりをしていた。
これに本当の意味で気づいたのは大きいと思う。
というかこういう問題というのはけっこう逆説的なところがあるので、
出来るようになって初めてわかったりするので、
できないうちにわかるようになるというのは至難の業だったりするのである。何で気づいたんだろう?それは要因が二つあるわけだが、
まあざっくり言うともうほとんどうまくいっているからなのである。
そのステージを過ぎたからこそ見えてきたというのがあるのだ。
じゃあどうやってそのステージを過ぎたのかと聞かれると
答えに窮するわけだが、他人の視点を取り入れたというのも大きい。
いや、答えになってないかな。
おいしっくす



Copyright © 2004–2009. All rights reserved.

RSS Feed. This blog is proudly powered by Wordpress and uses Modern Clix, a theme by Rodrigo Galindez.