Latest Entries

ケノン購入上の注意

1.火傷や肌荒れに注意
さしあたって脱毛器を購入する際に、他の何よりも重視しなければならないポイントは、脱毛器を使った時に火傷や色素沈着などの肌トラブルを心配する必要がない脱毛器を選び出すということだと言っても過言ではありません。
米国電気脱毛協会で、「永久脱毛という言葉の定義というのは、施術が終わってから、1か月経過した時の毛の再生率が処理を行う前の20%以下の状態のことである。」と定められています。
Continue reading…

カラダを健康に

普段の生活の力で少しでも対策をするために毎日の食事についても考えるようにしています。

筑紫しっかりと混同することをやりながら食事を食べることで身長伸ばすことが出来るようになるようですね。

少しでも身長が伸びるように努力をしなければならないです

Continue reading…

ムダ毛処理用のクリーム

1.余分な毛を脱毛クリームが溶かします
いらない毛をきれいになくしたいと思って、ムダ毛処理用のクリームを家で塗って処理するのは女性にとって定番の方法の一つです。
肌の表面に出ている余分な毛を脱毛クリームが溶かしてくれるので、ツルツルになります。
でも、便利な事だけではなく、ムダ毛を溶かしてしまう成分は、肌を攻撃する力も強いので、誰が使ってもトラブルが起きないとは言い切れません。
そして、ちょっと油断するといつの間にかムダ毛が顔を出しているのも困ったものです。
サロンで脱毛施術をうけたそのすぐ後は、肌が刺激にさらされるのを避けるよう注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)を怠らないで頂戴。
脱毛のためにうける施術がどんなものでも、肌が外からの刺激に過剰に反応する状態になっているのです。
Continue reading…

やっぱりムダ毛の処理は大事

どれだけかわいい子でもムダ毛がボーボーなら幻滅します。 Continue reading…

抜け毛と毛母細胞

 

毛の成長サイクルは、脱毛をするうえで必ず知っておく必要があることです。

これを考慮に入れないと、必要な時を逃したり、必要のない時期に施術をすることになったりと非効率的だからです。 Continue reading…

男性の悩みに対する日本人の考え方

昔はそうではなかったと思いますが

今の日本において、(男性に限ったことですけど)皮をかぶった状態は良くないものと言う風潮にあるようです。

それはビデオの影響か、漫画の影響か、その他のものの影響か。

社会においてはあまり他人とその比較する機会も多くないので、悩みがあったとしても

その解決方法がわからなくてモヤモヤしやすいのが実情だとは思いますが

 

情報が拾いやすくなった昨今では、他人と比較することができるようになったこともありますが、

なによりABCクリニックなどのような、男性の悩みに専門に対応した美容外科の存在があります。

横浜にもABCクリニックはありますね。

これらは宣伝する必要もあるので、いやおうなく関心を持つようになりますし

その状態を手術で治したという成果を宣伝することによって、あまり関心を持っていなかった男性も、気にするようになる可能性は大きいと思います。

 

そうしたこともあってか、現在では仮性だとしても

手術で治した方がいいのではないかという風潮にあるような気がします。

気がしますというのは、察するしかないからです。

TVでは題材になりませんから。

ただ、それが衛生上いいのか悪いのかと言うと、必ずしもいいとは限らないのではないでしょうか

その辺がわかりにくくて余計な悩みを持つことになるのです。

幸い、横浜院は

無料のカウンセリングを勧めているので、とっつきやすくはなっているようですから、

判断材料にするにはいいかもしれません。

 

ABCクリニック 横浜

森下仁丹ビフィズス菌

森下仁丹ビフィズス菌は俺たちの腸内に存在しています。私たちの腸の中には1000兆個もの
細菌が住み着いています。善玉菌や悪玉菌などの細菌です。 Continue reading…

全豪オープンでの錦織選手を応援、テニスラケットの進化も見どころです。

テニス01テニス愛好家ではなくても、錦織圭選手の活躍には、興味があることかと思います。
先回の全米オープンで準優勝、というのもすごいですが、ATPランキングで世界第5位というから驚きです。

彼は、「Air K(エアーケイ)」などと呼ばれ、比較的浅くて高いチャンスボールに対し飛び上がって空中でハードヒットする、という事で人気となりました。
昔のテニスの基本で言えば、飛び上がって足が地面にしっかりついていない状態でボールを打っても、うまく当たらないだけでなく、しっかりとボールを打ち抜けないのでやるべきではない、と言われていました。
ところが、昨今ではラケットの性能が飛躍的にアップし、さほど腕力がなかったり、うまくスイートスポットに当たらなくても強いボールを打ち返せるようになっています。
そのおかげで、錦織選手のように飛び上がることで、その分素早くラケットを振りぬくことでさほど体格的には恵まれていない錦織選手でも、強いボールを相手コートに突き刺すことができているのです。

以前はなるべくまっすぐラケットにボールを当てて、体ごと上へ引っ張り上げることで、ボールにトップスピンをかけていましたが、今はラケットの進化で、ラケットスピードを上げて、強い回転をかけることができるようになりました。
錦織選手の好敵手、ナダル選手は、サウスポーから繰り出す強烈なトップスピンで、ネットのはるか上をとてつもないスピードで通過しながら急激にドロップしてコートで高く跳ね上がるようなボールが打てているのです。
そのような「テニスの常識いま・むかし」に思いを巡らせながら、錦織選手ら現代のトププレーヤーのプレーを見ることは、とても面白いことですね。

今年の最初のグランドスラム、全豪オープンは、いよいよ1月19日から始まります。
このようなことを考えながら、錦織君を応援しましょう。⇒全豪オープンテニス 生中継で応援しよう!

仙台のずんだもち

仙台出身の先輩のお土産は、きまって「ずんだもち」。今でこそ普通に認識していますが、多分知らない人はとても多いのではないかと思います。

「ずんだもち」は早い話、枝まめで作ったあんこのあんころもち。何も仙台に限ったことではないのですけど、宮城県界隈に古くから伝わる郷土料理でありお土産の代表格。 Continue reading…

バイアグラと糖尿病

バイアグラなどのED治療薬は、いわゆる男性向けの美容外科などで比較的安易に入手できるが、それでも医師の処方が必要であることに変わりはなく、間違った服用による危険性は大きいと言います。

ただ、心臓病患者に対する危険性は以前から言われているが、糖尿病に関してはどうだろう。糖尿病に対するリスクについても以前から取りざたされてはいたが、実際はよくわからないままでした。

かつて糖尿病になったら男性機能は期待できなくなる、と言われていた。それは、糖尿病で血糖値が高い状態が続くと、血管や神経に障害が生じるから。

新鋭系と血管系が複雑に関与するためで、脳から自立神経を通じて自身を起こすように命じても、性的刺激が十分に伝わらず、血液も十分に流れ込まず、満足な状態にはならなくなるというのが一般的な見解でした。。

そして糖尿病の患者は、糖尿病でない患者に比べて、3倍から4倍もEDになりやすいという。

しかし、バイアグラはEDにも十分な効果を発揮し、糖尿病の薬との併用も問題はないとされている。

「糖 尿病の兆候が出てから約10年。治療薬を飲み始めて3年ですが、飲み始めて1年はなんの支障もなかった。そのあいだにバイアグラを試しに1度服用してみた が、驚きの効果だった。今回継続しなくては男性機能は維持できない、と身をもって実感した。」ある糖尿病患者の例です。

このように、リハビリに励みつつ、ED治療薬を使用する意向も持っている。

大宮にあるABCクリニックでもED薬は扱っているので、ここでもわかるかもしれない

ABCクリニック 大宮



Copyright © 2004–2009. All rights reserved.

RSS Feed. This blog is proudly powered by Wordpress and uses Modern Clix, a theme by Rodrigo Galindez.